恋するキショオタク

恋活レーティングバトル

オタクコミュ症な僕が彼女をゲットしゴールインするまでの道のりを記していきます

【女子大生】お会いしてきました(Lさん2回目)

 

どうも、BARUです。話は変わりますがこの活動を始めようと思ったきっかけは当然ながらそろそろ彼女をゲットしたいなと思っていたからです。

 

 

当時22歳という年齢、

地元から離れ、遠い地での活動。

恋愛経験無しの不安。

当然ながら周りに誰か相談出来るような人がいるはずもなく……

 

そういった焦燥感や人との繋がりへの欲求、モチベーションの維持など色々な思いが、ブログという形を取るとこで少しでも解消されるのではと、心のどこかで期待していたのだと思います。

 

結果として、本当に色々な経験が出来たと思います。何度も痛い目にも合いました笑

 

焦りや不安から始めたことでしたが、もしこの世界に足を踏み入れることがなければ何も得られなかったであろう現状を思うと。過去のそういった時間は貴重だったのかもしれません。

 

 

 前書きが長くなりました。2回目のアポです。

 

 

 ランチ編

 

たわいのない話をしつつあらかじめ考えていた次行くお店の話をしました。

 

本当にテンション高い人なんですけどしれ〜っと好意を伝えてくるあたり策士な人だなという印象でした。(本人曰く恋愛はマジで初めてのこと)

 

 

爬虫類カフェ編

 

世界中のやばい生物と触れ合いました。手で持ったり膝の上に置いたりできます。

トカゲ、ワニ、カメレオン、アナコンダ。僕の命も今日で終わりかと思いました。

 

しかし生物と触れ合いつつもしれ〜っと僕の手を触ったり指相撲や腕相撲を仕掛けたりするあたり本当に策士だなと思いました。

 

 

ディナー編

 

店に向かう途中Lさんから「手繋いでいい?」と言われました。

要望に応じ、道中ハイテンションで向かうLさん。

そして途中。

 

 

Lさん「聞きたい事があんねんけど…ここまでしといていまさらなんやけど…(チラッチラッ)」

 

 

 

BARU氏「わかったwこっちから言う!付き合って下さい!」

 

 

その後のディナーで僕の外見や内面で好きなとこをすごい言ってくれたのは嬉しかったです。

 

 

 

BARU家編

 

 

童貞チンポコオタクの皆さん申し訳ございません。

信じてください。僕は童貞を守りました。

 

でもキスの時に舌も使ってこれでもかってくらい舐めたり吸い付いてきたのとあとノーブラだったのはちょっとびっくりしました。(本人曰くBL漫画で学んだテクニックらしい)

 

 

感想

 

結構色々な女性とお会いしてきましたが。ここまで行動やプレゼントでストレートに好意を伝えてくる子は初めてだったのでこっちも向こうの期待に応えられるように頑張りたいです。貰ったマフラーも大事にしたいなと思いました。

 

まとめ

 

元気で明るいエッチな彼女ができました。